細胞のことや中胚葉などについて教育をした

教育をしました。卵割がすすむにつれて、内部に卵割腔という隙間まが広がっていきます。ビジュアルがクワ(桑)の実のようになるので桑実胚といいます。さらに卵割が進むと、胚の外層はなめらかになりボールのような形の胞胚となります。鳥獣のところ、囮を取るようになる前の個体を胚といいます。胞胚内部の卵割腔は広がって胞胚腔と呼ばれます。胞胚は繊毛をはやし、受精膜を破って泳ぎ始めます。これがふ化だ。胞胚期の終わりごろから、中胚葉と呼ばれる細胞の大群が、植物極近所から胞胚腔内へと逃げ出し始めます。徐々に植物極近所から内胚葉と呼ばれる細胞の大群が胞胚腔へ向かって落ち込み、原口と原腸を形成します。表面に残る細胞の大群は外部胚葉と呼ばれます。こういう原腸の表現期の胚を原腸胚といいます。原腸の隅は外部胚葉と接し、これからそこに口が開きます。原腸は食道・胃・腸などになり、ウニでは原口は肛門となります。知らないことを知れて良かったです。http://www.accdf.org/