我が家の犬がまさかの仮病をつぎ込みはじめました。

今日我が家の犬が急に前足を庇いだし、引きずるように駆けはじめました。

そんな犬の見かけに家中ビックリし「散策の途中でどっか怪我をしたのではないか?それとも何かの疾患?」と、やけにリスクしました。

そういった階段が数日続いた結果アニマル病院に連れていったのですが、レントゲンをまったく触診しても乱雑は無し。
教官にも「とくに乱雑はないですね。」とおっしゃる有様。
しかし、そのあとの教官に「賢いワン様の中には仮病を扱うのもいるので、そんな可能性もナシではありません。ちょっぴり見かけを見てください。」

それほど言われたケース、自分は「うちの犬がそんなことをするわけ薄いじゃない?」と些かカチンときましたが、教官が言うのであれば見かけを見るしかありません。
それから帰宅し、しばらくしてから親子が見ていないところでいかなる見かけかコッソリ見ていると、誠に歩きを引きずることなく普通に歩いているではありませんか。
これは随分教官の言ったままの仮病だと実証した自分は、思わず犬の呼び名を呼びました。
自分に見られていたとも知らずに、犬は私の皆様へきましたがその時は歩きを庇う仕草をします。

その時、我が家の犬も例外ではなく、キャラクターが思っているよりも賢いのだとわかりました。
「心配した労力と時間は何だったんだろう」と急に力が抜けましたが、そこまでしてかまってほしかったのかと思うとおなかもたたずに二度と素晴らしくなりました。

犬はいまだに親子のある前述では歩きを引きずるパフォーマンスを続けていますが「ばれているとも知らずにいまだにやってるわぁ。」とおかしくなる現在だ。キレイモ 回数