小池都知事のオリンピック予算の削減の定例会見に意見

先日、小池都知事の定例会見にて、ボート、水泳、バレーボールの競技会場が元のとおりになった旨発表された。その際に、何億円削減されたと随分大きなことを言っていたのを聞いた。さて、本当なのか。今から建築するのにこの場でそこまで言っていいのか。観客席を減らせば入場料収入が減る。その面はどこに計上されているのか。今後、いろいろ詰めていけば、精査され、減少する面もあるが、増加する面もある。実際に開催されれば、今わからないことでの経費も必要になる。
ここで言うオリンピック経費は、あくまでも東京都の経費であり、国が支出する国立競技場については、計上はされていない。東京都の学校が行事として、観戦するなどの経費や、ボランティア活動に対する経費も膨らんでいく。施設面のみを強調した会見で東京都民は納得しているのか。東京都の会見で国民はそれだけと思っているのか。
オリンピック開催経費は、国として全体を公表する必要はないのか。また、大会の開催経費以外に選手育成経費などがいろいろな組織を経由して国が支出しているのは何も公表されていない。もっと公表すべきではないのか。脱毛ラボ スピード脱毛 料金